CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< Snow! Snow! Snow! | main | 1月親子イベント Mike's Love Day >>
函館 Immersion Camp

お申込:English Pocket 本部 電話:03-6409-6422

昨年も盛況だった昨年も盛況だった函館でのImmersion Camp! 夏とは違い、春の函館もまた違った楽しみ方ができます。今回のテーマはHuman Body。人のからだの不思議に迫ります!! 夏とは違い、春の函館もまた違った楽しみ方ができます。今回のテーマはHuman Body。人のからだの不思議に迫ります!

 

Hakodate English Immersion Camp in Spring 2018

 

3.26Mon – 3.30Fri

 

プロジェクト

Human Body

 

【Human Body】

人のからだは不思議がいっぱいです。からだには骨やいろいろな臓器があって、それぞれ重要な働きをしています。からだの部分とその働きについて研究します。 206, 640, 200万, 32…これってからだのどの部分の数だと思いますか?楽しいリサーチや実験、工作もたくさん準備しています。

 

 内容:

  骨−人間の骨は何本?骨の働きと仕組みとは?

 肺−吸う空気と吐く空気はどう違う?偉大な肺の働き

 脳−神秘に満ちた脳。脳はこんなことまで知っている!

 歯−人の歯と動物の歯が違うのはなぜ?

 食べ物のゆくえ−食べたものはどこに行くの? ウンチの秘密!

 

 

Jupiterレベルの内容の濃いレッスンですが、英語が初めての方でも楽しく学べるコースも準備しています。レベル別クラスで楽しく「人のからだの秘密」に迫ります。

 

<対象> 身の回りのことが自分でできる小1〜小6まで   

<講師> ネイティブ講師、日本人スタッフ

     (東京からは人数において日本人スタッフが同行します) 

<費用> 45日  ¥89,640(税込)

       ※3食付き(5日目夕食代を除く)

       宿泊は、ポケット函館本校になります。

       別途(おこづかい・スノーボードレンタル代・お土産代・おやつ代)

<日程> 3/26(月) 9:00に羽田空港にて集合

     3/30(金) 18:30に羽田空港にお迎え

<受付期間> 2/9(金)まで 

        定員 15名で締切です

        締切日を過ぎた後からのお申込に関しましては、

                               上記金額に航空券価格上昇分の差額をご請求する可能性

                               がございます。

<参加申込方法> 別紙申込書をご提出の上、参加費全額を

         お支払い下さい。

                               参加者にはくわしいスケジュールを配布します。

<フライトスケジュール 予定>

3/26(月) ANA 553便 10:05 a.m. 羽田空港発 ⇒ 11:25 a.m. 函館空港着                ※9:00 a.m.に羽田空港に集合

3/30(金) ADO 060便  4:40 p.m. 函館空港発 ⇒  6:05 p.m. 羽田空港着

 

<スノースーツ・手袋・スノーブーツの貸し出し> 

雪遊びの際のスノースーツ等は無料で貸し出しいたします。サイズを事前にお知らせください。ヒートテック等の下着は各自ご準備ください。スノーボードはレンタルセット(3,500円・参加費用には含まれません)をご利用ください。

 

<取消料規定>

2/10以降〜開催1週間前までの取り消し・・参加費の30%をキャンセル料として頂きます。(残金の70%はご返金)

1週間前〜前日までの取り消し・・・参加費の40%をキャンセル料として頂きます。(残金の60%はご返金)

●前日の取り消し・・・・参加費の半額をキャンセル料として頂きます。(残金の半額はご返金)

●当日の取り消し・・・・全額キャンセル料として頂きます。

 

アクティビティー

函館市内観光

スノーボディーボード・スノーボード

雪合戦・雪だるま・かまくら作り

スカベンジャーハント

サル山温泉ダイブ見学

オルゴール作り

※天候によっては一部アクティビティが出来ないことがあります。

 

| イベント | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ep-koenji.jugem.jp/trackback/965
トラックバック